2014年12月1日
<エッセイ一覧へ>

「戦うオヤジ 今を生きる」
 
(安野/1955年生/大阪)


最初にリレーエッセイを書いてから7年が経ちました。時の経つのは早いもので、その間にいろんなことがありました。
離婚、仲間・身内の死、息子の大学入学卒業そして就職浪人、持病の悪化等々。私達の人生は、いつ何が起こるか分からないものです。生活は一変して、今は仕事と家事に追われ息切れしながら頑張っています。
ギターも殆ど処分してネット通販で買った安価なギター1台ですが、結構いい音がします。

2年前から、持病のCOPD(慢性閉塞性肺疾患)の症状が酷くなり、今は普通歩行でも酷い息切れを起こしています。家の用事以外は余り出歩かなくなりました。ですから、練習会もライブもやっていません。練習会は体調の良い時に少し参加するぐらいです。

7年前当時に比べ制限の多い生活となっていますが、本人は結構楽しんでいます。19才の時「どう生きたらいいのか!?」と問いかけたのですが、その時は答えが出ませんでした。でも、今はこう思います。「今この時が指し示す現実こそが、自分の歩むべき道」と知るようになりました。
60年目の春、この道を進んでゆきます。人生の道行は、これからです。

只今、59才! 戦うオヤジ 今を生きる。

前回のエッセイへ⇒




エッセイ一覧へ→
トップページに戻る→