戦うオヤジの応援団とは



2001年(平成13年)10月 初めて、「戦うオヤジの応援団」という名称で、有志によるストリートコンサートを柏市で実施
2002年(平成14年)10月 継続的な会の運営を目指し、メンバーの登録制を導入
2005年(平成17年)02月 御茶ノ水に事務所を開設
2006年(平成18年)07月 社会的活動を行う時のために、「アコースティックギターローカルネットワーク」という名称で、東京都で特定非営利活動法人(NPO法人)の認証を得る。
2007年(平成19年)12月 登録会員が1000名を超える
2011年(平成23年)04月 登録会員が1500名を超える
2016年(平成28年)04月 登録会員が2000名を超える

 
〔主旨〕
  バブル経済の崩壊以降、安定した人生設計の基盤となっていた終身雇用制度や右肩上がりの給与体系など日本的経営が崩壊すると共に、少子高齢化の進展により世代間の相互扶助を基盤とした年金を含む社会保障制度の限界が明らかになるなど、我々の生きている社会は本当に暮らしにくくなりました。

そんな中、長年自分の楽しみを犠牲にして家族や会社のために尽くしてきた「オヤジ」の多くは、今まで信じてきた価値観が崩壊する一方で、「自己責任」という都合の良い言葉に示されるように、自分自身で判断する新たな生き方を求められています。

残念ながら、この変化は時間が経つと元に戻るというものではなく、社会の基本的構造変化として確実に進展していくため、嵐が過ぎ去るのを待つように耐えるだけでは対応できなくなってしまいます。そんな変化に対応するには、企業中心の価値観の中で意識することなく封印していた自分の本当に好きなことを見つめなおし、心の中から湧き出てくる自然なエネルギーを感じ取ることによって、自分自身を再生できる可能性を認識しておくことが欠かせない社会環境になっています。

「戦うオヤジの応援団」ではギターや唄を使った“音楽”という手段を通じて自分自身を表現することにより、心の奥底に隠されたエネルギーを再確認し、仲間と共に新たな自分自身の人生を切り開くことを目的としています。
まずは、戦いの相手は自分自身なのです!
 
〔対象〕
  「戦うオヤジの応援団」には、二つの意味があります。

(1) 会社や家庭で自分の存在を確認するために戦っているオヤジ(ここでいう「オヤジ」とは、社会的な責任を負って生きている皆さんを指しており、男性だけでなく、女性も含みます)が参加し、ギターを通じて戦いの疲れを癒すとともに、近い将来、老後の生活の場となる地域でギターという手段を用いて、自分らしい表現活動を行うための援助をする応援団
(2) 自分自身はオヤジでなくとも、家庭や社会のために苦労している皆さんを音楽を通じて支える応援団

このように、ギターを弾くオヤジだけでなく、ご家族の皆さん、ギターを弾かないけれども聞くことが好きという皆さんからも構成される会です。女性でも、プロの方でもご入会いただけます。
ただし、基本的に中年オヤジの楽しみの場ですので、未成年者の場合は登録をお断りする場合がございます。
 
〔入会方法〕
  まずは登録メンバーとして、連絡先や好きな音楽ジャンルなどをご登録ください。折り返し、メールで(自動ではありませんので、数日かかる場合があります)IDやパスワードをお知らせいたします。その段階から仲間です。

2001年の創設以来、会則や会費などのない任意団体として活動を行っていたのですが、2006年7月に「特定非営利活動法人アコースティックギターローカルネットワーク」としてNPOの認証を受け、必要に応じてNPO法人として活動することもできるようになりました。<NPO設立趣旨書』・『NPO定款

応援団の事務所は東京の御茶ノ水に設置しているのですが、事務所の維持や会の運営に必要な資金を確保するために、会費(年間3000円)をお願いし、会費を納めていただいた有志の皆さんを、戦うオヤジの応援団の正会員になっていただくと同時に、NPO法人の正会員にもさせていただく方法を行っております。
なお、最初にご登録いただく際には会費は必要ありません。また、正会員になることは強制ではありませんので、会費を納めずに、登録メンバーとして継続いただいても結構です。

ただし、あくまでも音楽という側面で自由に交流する非営利団体ですので、商品の販売や他の組織への勧誘などを目的として入会していると思われた場合は、参加をご遠慮いただく場合がございます。
  
〔具体的活動内容〕
  活動を行うにあたっては、それぞれの地域でやりたいことを始めることが基本となります。私たちは、地域での活動の拠点を「SP(Space)」と呼び、自発的に運営を担当いただいている皆さんを「世話役」と呼んでいます。東京の事務局では、そんな地域の皆さんが連絡をとるためのホームページを管理したり、地域で配布する印刷媒体などを用意するなど、コミュニケーション活性化のための手段をご提供しています。皆さんの地域でも何かを始めようという時は、ぜひ事務局にご相談ください。応援しますよ!

1. ギター練習会(交流会)の開催
2016年12月現在、北海道札幌市、群馬県高崎市、千葉県千葉市、千葉県柏市、千葉県浦安市、埼玉県川口市、埼玉県春日部市、東京都三多摩地区、東京都新宿区、東京都文京区、東京都港区、神奈川県横浜市、長野県飯田市、静岡県富士宮市、静岡県静岡市、岐阜県各務原市、愛知県春日井市、愛知県安城市、大阪府吹田市、大阪市西区、大阪府貝塚市、兵庫県丹波市、兵庫県西宮市、兵庫県神戸市、香川県高松市、愛媛県松山市、福岡県福岡市、沖縄県那覇市の28箇所を拠点として定期的な練習会や交流会を実施する他、静岡県伊豆の国市、京都府京都市の2箇所でも不定期なイベントを行っています。
SPでは、「去る者は追わず、来る者は拒まず」を原則として、初めて来たメンバーも古くから参加しているメンバーも平等に、音楽ジャンルを問わずに楽むことを目指しています。詳しくは、イベントカレンダー地域のSPの掲示板をご覧下さい。
  
2. 対外的な演奏発表の場の提供
不定期ですが、地域でご協力いただいているレコード店などに簡易ステージと音響機器をご提供いただき、地域の皆さんに向けたライブを行っています。今後は地域のNPOなどと連携を図り、福祉施設での演奏会や地域商店会のイベントへの応援などを実施していく予定です。
 
3. プロミュージシャンのライブ開催
聞きたいミュージシャンのライブは自ら開催する。それがこの会の特徴です。一人ではミュージシャンをお呼びすることは無理でも、仲間が集まればライブを行うことも可能となります。
 
4. その他
以上の活動の他に、納涼会や忘年会と称して、8時間から12時間、飲んで、唄って、ギターを弾き続けるというイベントや合宿も行っています。
 

 
〔今後の方向性〕
  「戦うオヤジの応援団」は自由な組織ですので、メンバーはどこで活動してもかまいません。
練習会は場所さえ見つかれば、数人のメンバーで始めることができますし、演奏会やライブでも集まってくれる仲間が20名程度いれば実施は可能です。

現状の我が国の音楽文化は、我々音楽を愛する者ではなく、音楽を商品として流通させる企業に判断基準を握られています。音楽を愛する者同士がネットワークを作ることにより、我々が発信する音楽文化を創り上げることも大切なのではないでしょうか。

また、地方に住んでいる場合、好きなプロのミュージシャンを呼ぶといってもなかなか大変なのですが、これまでの活動でいろんなミュージシャンとのつながりができていますので、事務局にご相談いただければ、ミュージシャンをご紹介いたします。

そして何よりも、全国に仲間がいて、その土地に旅行するときに重いギターを持っていかなくとも、現地の仲間が主催する練習会などに参加して、より楽しい時が過ごせるというのは素敵だと思いませんか?

そのために必要なことは…、力を合わせれば必ず実現できると信じて、みんなで考えましょう!

※現在の組織の状況や考え方については、「応援団事務局からのお知らせ」を参照ください。
 

ということで、「戦うオヤジの応援団」に興味を持っていただけた方は、以下からご登録ください。

メンバー登録はこちらから

<<トップページに戻る